• 失った歯を復活させたいならインプラントで解決!

    失った歯を復活させたいならインプラントで解決!

    2018-03-30(Fri)
  • 歯医者

    歯並びの悪さは矯正歯科で解決!

    2018-03-06(Tue)
  • 歯磨き

    将来虫歯にならないためのケアは予防歯科で解決!

    2018-02-01(Thu)
  • 口を覆う女性

    歯のコンプレックスは審美歯科で解決!

    2018-01-02(Tue)
  • 虫歯で痛い女性

    ただの虫歯は一般歯科の歯医者が解決!

    2017-12-11(Mon)

歯科と言えば虫歯治療が代表であり、小児歯科は子供の嫌う治療のトップに君臨しています。
それは歯茎の神経が頭部に近いので、その痛みが直接伝わってしまうからで、以前の治療法では強い痛みを感じてしまうケースが多かったので小児歯科で子供に嫌われても仕方ない部分があったのは否めません。
しかし医療技術の進歩から虫歯の治療にしても痛みが発生しないような治療法が出来たりして、歯科の診療形態も訪問歯科を行ったりしていて、その印象も変わってきているのが実状ではないでしょうか。
それに近年は虫歯治療だけで歯科を訪れる割合が変化していて、その代表が歯並びが悪い人が綺麗な歯並びにしてもらうために矯正歯科を訪れる人の増加です。

少し前までは歯並びが悪くても支障がなければそのままにしている人が多かったのですが、歯並びの悪さは相手に対していい印象は与えないので、現在は積極的に治す人が増えていて、特に若い女性ではその歯並びの悪さがコンプレックスとなってしまう場合が多いので、自分の外見を良くするために矯正歯科を行っている女性は決して少数ではないでしょう。
歯の見栄えを良くするために訪れるのは一般歯科よりも審美歯科が多く、今は審美歯科の専門歯科が増加傾向に有ると言っても過言では有りません。
それほど歯の綺麗さというのは注目されているため、これから一般歯科でもこの審美歯科を併設して行う歯科が増える可能性が大いに高くなっています。

口臭が気になりませんか?

口臭が気になる男性 また歯並びと共に口の問題として気になっているのは口臭ではないでしょうか。
口臭はその殆どが口内に細菌が増殖して匂いの強い臭気を発生することから起きる現象で、この口臭は性別や年齢を問わずコンプレックスの要因になっています。
相手に話しかけた時にその相手が鼻に手を持って行くような動作をすれば、それは自分の口臭が相手には気になっているという証拠であるのは否定できません。
口臭は歯周病という病気から来ているケースが多いのですが、その他に日頃のケアが悪く歯垢が蓄積されために引き起こされる場合も有ります。

歯磨きは殆どの人が行っている日常の作業の一つですが、そのやり方は千差万別で、中には間違ったやり方を実践している人も少なくありません。
歯磨きはただ行っただけでは完全に歯垢を除去できるものではなく、この歯垢というのは細菌の温床となっているので、そこから口臭が強くなってしまう原因でもあるのです。
この歯垢を落とすには歯科が実践している予防歯科を行うのが有効であり、その予防歯科で普段行う歯磨きについても歯垢を除去するための最適な方法を伝授してもらえる上に訪問歯科でこの予防歯科も行ってもらえるので、虫歯でなくても歯科を利用するのは決して損にはなりません。

オールオン4は入れ歯よりもお勧めできる

入れ歯 全ての歯を失ってしまうと多くの人は総入れ歯を選択します。
それは以前までは総入れ歯にするか、そのままの状態で歯茎で咀嚼する方法しかなかったからですが、現在は総入れ歯に代わって画期的な方法が開発されているので、その紹介をしていきましょう。
人間は加齢で少しずつ歯を失っていって、高齢者では多くの人が総入れ歯を使用していました。
しかしこの総入れ歯は外れやすいというデメリットがあり、外れた間に食べ物が挟まると激痛が走ります。

その対処法として入れ歯と歯茎を固定するための接着剤が開発され、入れ歯と歯茎の間に食べ物が挟まるという現象は改善していきましたが、それでも総入れ歯には他にどうしても解決出来ない問題が存在していました。
それは咀嚼する時の違和感です。
人間は食べ物を咀嚼する時、その触感から口内にある食べ物の状況を判断して飲み込むかどうか決めています。
それが入れ歯になるとその触感が自分の歯で咀嚼していた時と明らかに違うので、どうしても必要以上に咀嚼してしまいがちです。
それにいくら接着剤で固定できるようになっても、とても硬い食べ物を食べる際には外れないかと躊躇してしまうのは仕方がありませんでした。
それに総入れ歯は明らかに自然の歯という印象を与えてくれないので、若年層の人が事故や病気などで歯を全部失ってしまうと、総入れ歯にするのを嫌がるのは納得できる理由です。
見た目が悪いのと食事での食感の悪さから入れ歯というのは高い評価をあまり受けていなかったのですが、他に代替できる手段がなかった時代には人は甘んじてこの総入れ歯を受け入れてきました。

しかし最近になって、全ての歯を失った人のために人工的に歯を歯茎に植え付ける技術が開発されたので、入れ歯による問題は払拭されたと言っても問題ありません。
それまでも部分的に歯を失った人が人工的に歯根を植え付けて歯を再生する治療は行っていましたが、全ての歯をそ人工的な歯に置き換える技術というものは存在していませんでした。
それが数本の人工的な歯根を植え付けただけで全ての歯を再生出来る技術が開発されたので、この技術で見栄えと食感の悪さというのは解決されたのです。
まず見栄えは限りなく自然に近い状態にすることが可能となり、全く違和感は感じられなくなっています。
そして歯茎に直接植えこんだ人工歯根の感覚は、自分の歯で咀嚼していた時と同じ食感を実現してくれたので食事が楽しくなるのは間違いありません。
まだ開発されたばかりの技術ですので、この施術が出来る歯科医は限られていますが、歯を失う事態になった人には一考する価値は絶対にあると言えます。

●お口を守るパートナー探しをしていませんか?●
虫歯にお悩みの方は埼玉県八潮市で歯科治療を行うと良いでしょう。
東京都内からの通院もしやすいので定期検診にも利用できます。